タダシップの事を知って安全にED治療しましょう

お手頃価格で試しに使ってみるには丁度いいED治療薬タダシップですが、その特徴や服用の仕方、注意点などはご存知でしょうか。
副作用の少ないED治療薬とはいえ医薬品ですので、間違った服用法をすれば危険ですし、人によっては服用してはいけないこともあります。
治療のためのお薬で病気になっていては本末転倒ですから、利用する時は自分のためにもパートナーのためにも正しく使うようにしましょう。
まずは服用方法や用量です。

飲み方や飲むタイミングで効力にも違いが出る事があり、肝臓に悪影響を及ぼす事もあるので、このような基本を守ることは大事ですよね。
成人男性の場合(女性や未成年で使用する事はほぼないと思いますが)、1日10mgか20mgを1錠まで水などで飲みます。
お酒で飲む事も可能ですが、アルコールの影響を受けにくいシアリスジェネリックとは言え、若干効果が弱くなる可能性があります。

十分な効果がほしいならば、食事や飲酒の30分以上前に飲んで成分を十分に吸収しておくか、食後2時間以上経ってから服用するとよいでしょう。
ただし、お酒は雰囲気を盛り上げるのには重宝するアイテムですし、飲む事で気が大きくなって心因性勃起不全の方の場合は、より薬の効果が得られる場合もあります。
多少の飲酒ならば、そこまで気にする必要はないかもしれません。
また、1日の上限は20mgですが、10mgを飲んでもあまり効果が感じられなかったからと言って、続けて服用するのは肝臓に負担をかけるので危険です。
必ず一回目の服用から24時間以上空けて服用するようにして下さい。
もちろん、20mg以上の量を服用するのもやめましょう。

量が多ければ多いほど強い効果が得られるというわけではありませんし、副作用が現れやすくなるだけです。
20mgで効果が薄いと感じた時は、タダシップ以外のED治療薬を試してみる事をオススメします。

他のシアリスジェネリックでもダメなら、バイアグラやレビトラにもジェネリックは出ていますので、そちらを試してみるとよいでしょう。
次に副作用についてですが、タダシップは副作用が出にくく、出たとしてもごくわずかな症状である事が多いとされています。
しかし、それには個人差がありますので、もしも強い動悸や頭痛、吐き気などを催した場合は、早めに病院で診てもらって下さい。

ただし、視覚に異常が出たりめまいが起こることもありますので、自分で車を運転するのは危険です。

また、アレルギーや購入先が詐欺サイトで偽物のタダシップを飲んでしまった可能性もありますので、上記に挙げた症状以外でもおかしいと感じた時は、すぐに医師に相談しましょう。
早めの処置が大切です。
3つ目に気をつけてほしいのは、シアリス系ジェネリックを服用できない方がいるという事です。
硝酸薬などのお薬を飲んでいる方や、心血管系や肝臓の重い病気の方は服用できません。
タダラフィルでアレルギーを起こした事がある方も同じです。

これらは命に関わる事ですから、購入前にしっかり確認しておくといいでしょう。
しっかり理解して使えば、タダシップは多くの方に愛される安全な薬です。

Comments are closed.